お金借りたい人必見!今すぐお金を借りる方法を徹底解説!

お金借りる方法
お金に困ったときに検討するのが「借入」ですよね。

しかし、借入方法には様々なものがあるため、「どれが良いのかわからない・・・」と困ってしまう人も多いものです。

とはいえ、お金が必要なときは「急ぎで!」というケースが多いため、あまり悩んでいる時間がないのも事実です。

そこでこの記事では、おすすめのお金を借りる方法が今すぐにわかるように解説してみました!

お金借りる方法に悩んだら大手消費者金融がおすすめ!

どこでお金を借入するか悩んだら、大手消費者金融をおすすめします。

大手消費者金融とは、以下の5つのカードローン会社のことを指します。

  • アコム
  • アイフル
  • プロミス
  • SMBCモビット
  • レイクALSA
カードローンとは、使いみちが基本自由である「無担保ローン」のことです。

使いみちが基本自由であるため、事業性資金以外であれば何に使っても良く、無担保ローンですので、担保や保証人は不要です。

限度額の範囲内で何度でも利用できるという特長もあります。

利用方法は専用のカードを使って、カードローン提供元の専用ATMやコンビニなどの提携ATMから借入や返済をするのが基本です。

では、なぜそんな大手消費者金融のカードローンがおすすめと言えるのでしょうか?

大手消費者金融での借入がおすすめと言える6つのメリット

大手消費者金融での借入をおすすめするのは、以下の6つの理由があるからです。

  • 申込条件を満たすのが簡単
  • 審査がそれほど厳しくない
  • 審査が早い
  • 即日融資が受けられる
  • 無利息サービスを提供している
  • 利便性が高い

申込条件を満たすのが簡単

大手消費者金融は、申込条件を満たすのがとても簡単です。

どの業者も申込条件は、「20歳以上で安定した収入源と返済能力があること」というくらいのですので、容易にクリア可能です。

審査がそれほど厳しくない

大手消費者金融の場合、審査はそれほど厳しくありません。

次の2項目に問題がなければ、審査に通過できる可能性が高いです。

  • 毎月収入がある
  • 信用情報に事故情報や延滞記録がない(信用情報=クレカやローンの利用記録)

毎月収入がある

大手消費者金融の審査でとくに重視されるのが「収入の安定性」ですので、毎月継続的に収入を得ていなければ審査に通るのは難しいです。

ただし、アルバイトやパートなどであっても、毎月収入があれば、この部分はまったく問題ありません。

信用情報に事故情報や延滞記録がない

大手消費者金融の審査には「信用情報機関」への照会があります。

信用情報機関とは

信用情報機関=「CIC」・「JICC(日本信用情報機構)」・「JBA(全国銀行個人信用情報センター)」の3つを指します。大手消費者金融の場合、「CIC」と「JICC」に加盟しているため、この2つに照会作業があります。

このため、信用情報に「事故情報」や「延滞記録」があると審査に通りにくくなります。

とはいえ、クレジットカードやローンの返済を期日どおりにしている人であれば、これらは無縁のものですので、信用情報の条件もクリアするのは難しくありません。

審査が早い

大手消費者金融の審査は非常に早いというメリットがあります。

最短30分という業者が多く、口コミなどを見ても平均60分程度で完了しているケースが多いため、スピーディーな審査が期待です。

即日融資が受けられる

大手消費者金融の場合、すべての業者が即日融資に対応しています。

このため、「今日中にどうしてもお金が必要!」というような急ぎのケースでも、当日中に融資してもらえる可能性があります。

無利息サービスを提供している

大手消費者金融は「無利息サービス」を提供している業者が多いです。

業者名 無利息サービス
アコム 契約日の翌日から30日間
アイフル 契約日の翌日から30日間
プロミス 借入日の翌日から30日間
SMBCモビット なし
レイクALSA 契約日の翌日から60日間(WEB申込のみ。その他は30日間)
契約日の翌日から180日間(借入額5万円まで)

この無利息サービスを利用した場合、サービス期間中は一切利息が発生しません。

そのため、その分だけ利息をお得にできるというメリットがあります。

また、無利息サービスの期間中に完済できるのであれば、利息無料で借入することも可能です。

利便性が高い

大手消費者金融はサービスが充実しており、利便性がとても高いです。

たとえば、発行される「ローンカード」はコンビニや銀行など、利用できるATMが非常に多いため、「使いたい!」と思ったときに不便を感じにくくなっています。

また、業者によってはスマートフォンひとつで借入や返済ができたり、インターネットバンクを利用して24時間365日、即時振込が可能であったりします。

このように大手だけあり、様々なサービスを提供しているため、非常に使いやすいというメリットも魅力的です。

大手消費者金融でお金を借りる際はこの5つに気をつける!

大手消費者金融での借入には注意点もあります。

そこでこの章では、大手消費者金融でお金を借りる際の注意点をお伝えしていきます。

大手消費者金融でお金を借りる際は、以下の5つに気をつけておきましょう。

  • 最初は上限金利になるのが基本
  • 総量規制の対象になる
  • 限度額は多くても50万円が一般的
  • 即日融資は時間制限がある
  • 返済期日を守らないと信用情報に悪影響がある

最初は上限金利になるのが基本

新規契約時は、「上限金利」になるのが基本と思っておくのがおすすめです。

上限金利とは、その会社で適応になる一番高い金利のことを指し、たとえば、金利が「年4.0%~18.0%」であれば、「年18.0%」が上限金利になります。

大手消費者金融の場合、次のように上限金利の相場が年18.0%と高くなっているため、気をつけないと利息が大きくなってしまうので注意です。

業者名 上限金利
アコム 年18.0%
アイフル 年18.0%
プロミス 年17.8%
SMBCモビット 年18.0%
レイクALSA 年18.0%

総量規制の対象になる

大手消費者金融は「総量規制」の対象になると知っておきましょう。

総量規制とは、貸金業者の融資は申込者の年収の1/3までという法律です。(貸金業者=消費者金融・クレジット会社・信販会社)

このため、大手消費者金融ではあなたの年収の1/3までしかお金を借入できません。

また、年収の1/3というのはすべての貸金業者の借入を含みます。

よって、次のような借入をしている状態で大手消費者金融に申し込みすると、限度額の上限が減るので気をつけてください。

  • 消費者金融や信販会社のカードローン・キャッシング
  • クレジットカードのキャッシング枠

限度額は多くても50万円が一般的

新規契約時の限度額は、多くても50万円程度になると思っておくのが無難です。

大手消費者金融の場合、最初はあまり高額な限度額を設定してくれるケースが少なく、30万円~50万円というのが相場になります。

このため、限度額は多くても50万円程度になると思っておきましょう。

即日融資は時間制限がある

即日融資は時間制限があるので注意です。

とくに銀行振込の場合、以下の時間帯までに振込手続を完了させないと、当日に口座へ入金が反映されません。

業者名 入金が反映される時間
アコム 原則24時間最短1分
アイフル 平日14:10まで
プロミス 原則24時間最短10秒
SMBCモビット 原則24時間
レイクALSA 21:00まで(日曜は18:00)

また、審査に対応してくれる時間や自動契約機の営業時間などをも決まっていますので、事前にしっかりと確かめておきましょう。

返済期日を守らないと信用情報に悪影響がある

返済期日を守らないと信用情報にキズがつくので注意です。

大手消費者金融は「CIC」と「JICC」の2つの信用情報機関に加盟しており、顧客の利用情報をこの2つの機関に提供しています。

そのため、返済期日を守らないと「延滞した」という情報が信用情報に記録されます。

その場合、信用情報にキスがついてしまい、新たにクレジットカードやローンの審査を受ける際、悪影響があるため、返済期日はしっかりと守ってください。

とくに延滞が2~3ヶ月以上の長期になってしまうと、「長期延滞」の事故情報にまで発展してしまう可能性が高くなります。

信用情報に事故情報が記録されると、クレカやローンの審査にはまず通らなくなりますので、それまでには必ず延滞を解消しなくてはいけません。

大手消費者金融の必要書類と借入までの流れ

ここからは、大手消費者金融の必要書類と借入までの流れをお伝えしていきます。

必要書類と借入までの流れは各社によってことなりますが、大まかな部分は共通しており、大きな差はありません。

そこで今回は、プロミスに申し込む場合で解説していきますね。

必要書類はこの2点

必要書類は「本人確認書類」と「収入証明」の2つです。

本人確認書類は必須となり、以下の名から1点を提出します。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証+住民票(来店契約のみ)
収入証明は必要なケースとそうでないケースがあり、
  • 希望限度額50万円超となる場合
  • プロミスの希望限度額と他の貸金業者の借入合計が100万円超となる場合
のいずれか、あるいは両方に当てはまる場合に必要です。

プロミスで有効となる収入証明は次のとおりで、この中から1点を提出します。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細書(直近2カ月分+1年分の賞与明細書(賞与がある人のみ))

申し込み~借入までの流れ

プロミスの申し込み~借入までの流れは、「インターネット申し込み」の場合、次のとおりです。

1. プロミスの公式サイトから申し込み
2. 審査~メールまたは電話で審査結果の通知
3. 契約
4. 銀行振込で借入

プロミスの場合、審査は最短30分で完了し、融資までは早ければ60分となっています。

ただし、これは他社でも変りありません。

インターネット申し込みの場合、融資は銀行振込が基本ですが、契約方法に来店を選び、自動契約機や店頭窓口まで出向けば、即日カードを発行してもらうこともできます。

申し込みする曜日や時間帯によっては、銀行振込で即日融資ができないこともありますので、その際はこちらの方法も選ぶのがおすすめです。

プロミス以外でもこのように、「ネットから申し込み→来店で契約してカード発行」という方法は可能ですので、安心してください。

お金借りる方法を徹底解説まとめ

お金を借りたいなら、まずは大手消費者金融を検討してみるのがおすすめです。

大手消費者金融であれば、難しい手続など必要なく、最短即日融資が受けられます。

審査のハードルも高くないため、「年収が低いから・・・」と諦める必要もありません。

毎月収入があり、信用情報に問題がなければ、審査に通過するのは難しくないため、借入できる見込みは十分あります。